メランコリー親和型の特徴|厄介な現代病うつ病について【原因や治療法を調べておこう】

厄介な現代病うつ病について【原因や治療法を調べておこう】

女の人

メランコリー親和型の特徴

医者

「十人十色」という言葉があるように、人の性格はそれぞれ大きく異なります。ただ、人の性格は大きく分類分けすることができます。その中に、うつ病になりやすいとされている性格があるのをご存知でしょうか。そのタイプを、「メランコリー親和型」と言います。メランコリー親和型がどのような性格かというと、「責任感が人一倍強い」「完璧主義」「几帳面」などの特徴が挙げられます。ルールを守って生活を送る、というのは多くの人が意識していることですが、このメランコリー親和型の性格を持つ人はそれが特に顕著に現れる傾向にあります。また別の特徴として、「環境の変化に対応できない」という部分も持ち合わせています。例えば、仕事をしている中で急に業務内容が変わってしまったとき、パニック状態になり何も手に付かなくなったり、「今やっている業務がうまくいかなかったとみなされたからこうなった」と自己嫌悪に陥ったりします。

うつ病になりやすいとされるメランコリー親和型の人は、「決まり事を守る」ということを強く意識し過ぎる傾向にあります。この性格のせいで自分を犠牲にすることも多々あります。そうなると、趣味の時間や休息を取る時間が作れず、その結果ストレスがどんどん蓄積され、うつ病になってしまうのです。そのため、転勤や転職、引っ越しなど、環境が大きく変わるタイミングは十分な注意が必要となります。

ではメランコリー親和型の性格の人は確実にうつ病になるのかというと、そうではありません。自分の性格を変えるのは簡単にできることではありません。ではメランコリー親和型の性格を持つ人はどのようにしてうつ病の予防及び改善をすればよいのでしょうか。まずは、自分の性格を知ることから始めましょう。ここで重要となるのは、自分の性格を否定するのではなく、受け入れるということです。受け入れた上で、「この性格がうつ病を発症させるんだ」ということを理解することが大事です。自分がどのような性格であるかを知れたら、次に生活の中で降りかかってくる「負荷」を軽減することを考えましょう。生活の中でキャパオーバーとなっている部分があれば、上司や知人、家族などに相談してその負担を軽くしましょう。そうすれば時間的にも精神的にも余裕が生まれてきます。時間が大幅に作れたら、その時間を自分の趣味の時間に充てたり、休息の時間に充てたりするとよいでしょう。具体的にどのような対処法を図ればよいか分からないという人は、精神科及び心療内科に相談に行きましょう。カウンセリングを中心に、うつ病であるかどうか、そしてあなたがどのような性格を持つ人なのかといったことをじっくり見てくれます。その上で具体的な改善法や治療法を提案してくれます。