抗うつ剤の種類別特徴|厄介な現代病うつ病について【原因や治療法を調べておこう】

厄介な現代病うつ病について【原因や治療法を調べておこう】

女の人

抗うつ剤の種類別特徴

女性

うつ病の治療法の1つに、「抗うつ剤の服用」という方法があります。抗うつ剤の服用はオーソドックスかつ効果的な治療法の1つとして知られており、抗うつ剤という薬自体の認知度もかなり高めです。実際、うつ病患者の多くがこの治療法を用いて完治に努めています。うつ病の治療法には、この抗うつ剤の服用以外にも休養や心理的治療などがあります。今うつ病治療の主流となっているのが、抗うつ剤の服用と休養を併用させたものです。抗うつ剤を飲んで心身の調子を取り戻しながら、身体も心も十分に休ませる、というやり方です。時間も費用もそれなりに必要とする治療法ではありますが、高い効果を期待できる方法と言えます。

うつ病治療に用いられる抗鬱剤は、服用している最中にちょっとした副作用が発生することがあります。副作用の内容は薬の種類によって異なりますが、頭痛や口の乾き、排尿障害などいろいろなものがあります。担当医の話をしっかり聞き、そして用法用量を守って正しい飲み方をすれば、副作用が起きる可能性を極力低くすることができます。万が一副作用が出た場合は、すぐに担当医に相談に行きましょう。

現在日本で使われている抗うつ剤には、4つの種類があります。「SSRI」、「SNRI」、「TCA」、「四環系抗うつ剤」の4つです。どれが処方されるかは、抱えている症状及びその人の体質によって変わってきます。SSRIは、セロトニンと呼ばれる神経伝達物質の働きを回復させる働きを持っています。セロトニンは睡眠や生体リズムに作用する神経伝達物質で、これが回復することでうつ病の症状が改善されていくという仕組みになっています。SSRIは他の抗うつ剤に比べ副作用が比較的少なめです。そのため、抗うつ剤治療を行なうとなった場合、最初のほうで処方されることが多い傾向にあります。SNRIは、セロトニンやノルアドレナリンの働きを回復させる働きを持つ抗うつ剤です。SSRI同様副作用は比較的少なめですが、頭痛や口の渇き、排尿障害などが出ることがあるとされています。TCAもSNRIと同様で、セロトニンやノルアドレナリンなどの働きを回復させる役割を果たしてくれます。副作用の内容もSNRIと似ており、口の渇きや排尿障害などが確認されています。抗うつ剤として最初に使用されたこのTCAは、他の抗うつ剤に比べ極めて高い効果を持っています。最後に紹介する四環系抗うつ剤は、ノルアドレナリンの働きを回復させる作用があります。他の抗うつ剤に比べ効果は低めですが、その分副作用も軽めです。このように、抗うつ剤にはいろいろな種類があり、それぞれに特徴があります。担当医としっかり話し合った上でどの薬を飲むかを決め、正しい飲み方で効果的な治療を行なっていきましょう。