治療に効果的な3つの方法|厄介な現代病うつ病について【原因や治療法を調べておこう】

厄介な現代病うつ病について【原因や治療法を調べておこう】

女の人

治療に効果的な3つの方法

ウーマン

心療内科でのうつ病の治療は、患者1人1人に合った方法で実施されます。カウンセリングや抗うつ剤の服用などはその代表的な例ですが、その内容も患者によって大きく違ってきます。そして、基本的にうつ病の治療は長期的に続けて初めて効果が得られるものとなっています。今家族と一緒に生活を送っているのであれば、家族にも協力してもらいましょう。うつ病治療には周囲の協力が必要不可欠なのです。

うつ病の治療法は、具体的に3つの方法があります。抗うつ剤の服用はその1つです。薬の服用に抵抗がある、という人は少なくありません。うつ病のような精神的な病気のときに処方される薬であればなおさらです。しかし医師の指示通りに服用していけば、安全に、かつ確かな効果を得ながら改善に向かうことができます。この「抗うつ剤」という薬には、脳内神経伝達物質のバランスを正常に戻すという効果があります。脳内神経伝達物質の乱れがうつ病の原因とされているので、これを正常化させればうつ病は自然と改善される、というわけです。ただ、抗うつ剤を飲んですぐ症状が改善されるというわけではありません。少なくとも1週間くらいでは効果という効果は現れないでしょう。効果の出方は人によって大きく異なりますが、すぐに効果が現れないからと言って途中で服用を止めてしまうようなことは止めましょう。担当医の言いつけを守りながら長期的に服用を続ければ、きっと効果は現れるはずです。

うつ病の主な治療法の1つに、「休養」という方法があります。身体を休ませるだけでうつ病を改善できるのか、と思う人もいるかもしれませんが、心身の休養はうつ病治療の方法の中でも最もオーソドックスで、かつ高い効果を持つものです。うつ病を発症させる人は、そのほとんどが真面目で責任感が強い人だとされています。このような性格を持つ人は、休む時間を作ったり、何かを人に頼ろうとすることに罪悪感を覚えることがあります。その結果、ストレスや疲労が溜まりうつ病に発展してしまうのです。まずは一度、心身を十分に休ませてあげましょう。病院に入院して長期間休むのも選択肢の1つとしてアリです。病院のような医療機関であれば、じっくり治療に専念できます。入院費用こそ発生しますが、うつ病の治療ができるということを考えれば、決して損にはならないでしょう。

うつ病の主な治療法には3つの方法があります。抗うつ剤の服用、休養、心理的治療の3つです。心理的治療は「精神療法」と呼ばれることもあります。心理的治療は、簡単に言うとカウンセリングのようなものです。専門のカウンセラーや医師と対話をし、それにより自分が抱えている問題やその対処法を見つけていく、という内容になっています。心理的治療は薬を一切用いません。だから、「薬に頼りたくない」という人にとってはこれとない治療法と言えます。心理的治療は、カウンセラーと1対1で行なうこともあれば、カウンセラー1人と複数人の患者という形で行なわれることもあります。

現代病の1つであるうつ病は、一度発症させてしまうと完治させるのにかなりの時間を要します。しかし、自分に適した効果的な治療法を見つけ、それを継続して続けていけば、早く完治させることも十分可能です。抗うつ剤の服用や休養、心理的治療などのうつ病治療に効果的だとされる治療法を取り入れ、うつ病を発症させる前の健康的な心身を取り戻しましょう。